その他

ビザの手続き方法

短期滞在ビザを更新できる場合とは?

短期滞在ビザの目的には、大きく分けると「商用」「親族訪問」「観光」の3つがあります。 それぞれの事情により「もう少し日本に滞在したい」と思うようなことがありますが、基本的に短期滞在ビザは更新できません。 なぜかというと、「90日...
その他

雇用できる外国人か確認する方法とは?

外国人を雇ったら違法にならないために 外国人は日本人と異なり、雇用したら違法になることがあります。 会社で雇用したら、実は雇用してはいけない外国人だったなんてことにならないためにも、以下のことを見ていただき、雇用できる外国人か見定め...
その他

一定の情報処理技術に関する試験又は資格の合格証書又は資格証書について

以下が、法務大臣が認めている一定の情報処理技術に関する試験又は資格の合格証書又は資格証書となります。 日本における試験で次に掲げるもの イ 情報処理の促進に関する法律(昭和四十五年法律第九十号)に基づき経済産業大臣が実施する情報...
その他

日本に貢献があると認められる外国人とは?

永住者ビザの緩和要件に、貢献があると認められる外国人は10年ではなく5年以上日本に在留していればよいことになります。 以下が、「我が国への貢献」に関するガイドラインの概要となります。 各分野に共通 国際機関若しくは外国...
ビザ(在留資格)の種類

日本人と離婚・死別したけど引き続き日本で生活したい

日本人の配偶者等のビザ(在留資格)を取得している外国人は、日本人配偶者と離婚・死別した場合、他のビザに変更する必要があります。 ビザを変更しなければ、次回の日本人の配偶者等のビザの更新は不許可になるので、日本で生活を続けることができな...
その他

なぜビザ 在留資格が不許可になってしまったのか?

不許可といつわかるのか? 許可・不許可についていつわかるかは、どのような手続きをおこなったかにより異なり、以下のとおりです。 手続き 不許可の通知 在留期間更新許可申請 原則として申請時に提出したハガキが届きま...
タイトルとURLをコピーしました