外国人を雇用するメリット・デメリットとは?

日本では「労働者不足」「新たな社内環境の整備」等の理由により、外国人を雇用する会社が増加しています。

しかし、外国人を雇用することはメリットばかりではなくデメリットもあります。

そのため、メリット・デメリットを比較したうえで、外国人の雇用を検討したほうがよいです。

外国人雇用のメリット

外国人を雇用する際の主なメリットは以下のとおりです。

労働力の確保

会社で人材が不足しているため、労働力を確保できることが一番のメリットと考える会社が多いのではないでしょうか。

実際、私がご相談をお受けしているなかで、外国人を雇用する理由は人材不足が一番多いです。

優秀な人材の確保

当たり前のことですが、日本だけでなく世界中には多くの優秀な人材がいます。

現在はグローバル社会であり、これからますますそうなっていく中、日本だけでなく世界に目を向け優秀な外国人を採用するすることは、会社の発展になるのではないでしょうか。

発想の転換

日本と外国では文化が異なるため、生まれてから現在までの感性、発想、考え方等が異なります。そのため、日本人では思いつきにくいようなアイデアが生まれてくることがあります。

その結果、新たな商品が生まれたり、効率的なオペレーションが生まれたりと、会社にとって有益な結果が生まれます。

外国人雇用のデメリット

外国人を雇用する際の主なデメリットは以下のとおりです。

雇用するにはビザが必要

外国人は日本人と異なり、日本で働くためには、ビザ(在留資格)を取得していなければならず、取得するためには、出入国在留管理局で手続きをおこなわなければなりません。

ビザを取得しておらず働くと違法であり、「3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科」となります。

文化の違い

文化の違いは新たな発想を生むためのメリットになることもありますが、デメリットになることもあります。

詳しくは、外国人の雇用は文化を理解することが大切ですを見ていただけれと思いますが、日本人が当たり前のに思っていることでも、外国人にとっては当たり前でないことがあります。

特に日本では「曖昧」という文化がありますが、外国では「イエス・ノー」とはっきりしていることが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました