yamamoto

経営・管理ビザについて

経営・管理ビザを更新する場合に注意すべき点

経営・管理ビザは、法人の経営または管理をおこなう外国人のためのビザ(在留資格)となります。 そのため、経営・管理ビザの更新は、会社の経営状態がとても重要となっており、状況によってはビザの更新(在留期間更新許可申請)は不許可となります。 単年...
ビザ(在留資格)の種類

外国人が起業や昇進等で取得する経営・管理ビザ 在留資格

日本では様々な外国人が働いており、起業して経営者となる外国人、昇進して支店の管理者となる外国人等も滞在しています。 このような外国人が、働くことを目的に日本で生活するためには、経営・管理のビザ(在留資格)を取得する必要があります。 どのよう...
ビザ(在留資格)の種類

優秀な外国人のためのポイント制の高度専門職ビザ 在留資格

高度専門職ビザとは、日本が優秀な外国人の受け入れを促進するため考えられたビザ(在留資格)となります。 評価はポイント制となっており、70点以上あれば取得できるビザです。 日本でずっと生活したいと考えている外国人にとっては、将来のビザのことも...
ビザ(在留資格)の種類

外国人をエンジニアや事務職等で雇用する場合のビザ 在留資格

エンジニアや事務職等で外国人を雇用するのは、技術・人文知識・国際業務のビザに該当し、日本で働く外国人が比較的多く取得しているビザ(在留資格)です。 日本の学校を卒業して就職する留学生、外国の子会社等から出向する会社員、他社から紹介されて採用...
その他

一定の情報処理技術に関する試験又は資格の合格証書又は資格証書について

以下が、法務大臣が認めている一定の情報処理技術に関する試験又は資格の合格証書又は資格証書となります。 日本における試験で次に掲げるもの イ 情報処理の促進に関する法律(昭和四十五年法律第九十号)に基づき経済産業大臣が実施する情報処理安全確保...
ビザ(在留資格)の種類

外国人社員が子会社等から転勤する企業内転勤ビザ 在留資格

外国で働く従業員に、「日本で経験・知識をつけ将来に役立ててほしい」と考えることがあります。 日本で働くためにはビザ(在留資格)が必要ですが、この従業員が、親会社、子会社、関連会社で働いている場合、企業内転勤ビザを取得すれば、日本で働くことが...
ビザ(在留資格)の種類

コック・料理人を雇用するための技能ビザ 在留資格

コックが働くことを目的として来日する場合、技能のビザ(在留資格)を取得すれば、働くことができます。 ただし、どのようなコックでも働くことできるわけではなく、一定の要件を満たさなければなりせん。 技能ビザの要件とは? ビザを取得するためには要...
ビザ(在留資格)の種類

夫や妻の家族滞在ビザ 在留資格の取得について

例えば、日本に働くことを目的に来日している外国人がいますが、この外国人に家族がいる(できた)とします。 このような場合、家族が取得できるビザ(在留資格)が、家族滞在ビザとなります。 また、働くことを目的としていませんが、留学ビザを取得してい...
ビザ(在留資格)の種類

永住者と結婚した外国人が配偶者ビザ 在留資格を取得

日本には、長年日本で生活して永住者のビザ(在留資格)を取得している外国人がいます。 その外国人と結婚して日本で生活したい外国人は、永住者の配偶者等のビザを取得して日本で生活することが考えられます。 ここでは、永住者と結婚した外国人の永住者の...
ビザ(在留資格)の種類

日本人と結婚した外国人が配偶者ビザ 在留資格を取得

日本人と結婚した外国人が、日本でいっしょに生活するためにはビザ(在留資格)が必要になります。 そのような場合、配偶者ビザとも呼ばれている「日本人の配偶者等」のビザを取得して日本で生活することが考えられます。 ここでは、日本人と結婚した外国人...